小学校時代からの幼馴染だったEから、久しぶりの連絡がやってきました。
彼女も私と同様に前の旦那さんと別れて、子供と2人で生活をしている人でした。
最近は忙しくてなかなか連絡を取り合うこともできなかったのですが、久しぶりに彼女の方から連絡がやってきたのです。
そして驚いたことに、新しい男性と結婚することが決まったと話てきたのです。
昔の友達たちと連絡を取り合って、ささやかなお祝いでもしようという話に流れていきました。
子連れ再婚が決まったEとも、久しぶりに顔を合わせたのですがとてもハッピーな表情をしていました。
皆んなたくさんのお金を持っているわけでもありませんから、本当にささやかなお祝いをしようという事で計画を立てていくとになりました。
その最中、Eにどうやって相手と知り合ったのか、それを聞きたくてしかたがなかったのです。
私も新しい伴侶が欲しいという気持ちを強く持っていったし、なにか良い方法でもしているのかなと考えたからです。
「相手の人とはどうやって?結婚相談所とか?」
「そういうところで、すごく会費とか入会金が高いでしょう。だから使えなかったよ」
彼女もやっぱり同じような考えがあったようですが、入会金や会費がネックとなって相手探しを断念したようでした。
「今度結婚することになったのは弁護士さんなんだけど、この人とは実は出会い系で知り合ったんだよね」
「すごい、弁護士さんなんてセレブじゃないの」
「うん、実はね新しい夫を探していたんじゃなくて、パパ活っていうのはやっていたの。それで知り合ってね、だんだんと仲良くなって結婚まで発展したんだ」
「それってどんな関係なの?」

セレブな弁護士さんと知り合ったのかパパ活と話してきたのですが、それはどういう関係なのかまったく分りませんでした。